出戻り鉄道模型趣味〜関東私鉄派

アクセスカウンタ

zoom RSS KATO223系1000番台「新快速」方向幕点灯化加工

<<   作成日時 : 2016/03/31 10:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

春がきました。暖かくなるだけでなんとなくハッピーです。たけぞうです。今日も酒が美味い!


さて、そんなわけで大阪ライフも約2年となりました。青春18きっぷ含めて近畿圏でJRを使おうと思ったら必ずお世話になるのが西日本が誇る「新快速」大先生です。

いろんな車種がいるわけですが、私的ツボは223系1000番台でした。
美しいです。で、お安くなっていた中古美品をすかさずGET!・・・したのはいいのですが、方向幕点灯しねぇでやんの!
おまけにヘッドライト&テールライトもムギ球みたいなのがくっついていてなんかカッコワルイ。。。

まぁ、一昔前のものなのでしゃーないですね。「グズグズ文句言うくらいならテメェで直しちまえ!」ってなもんで加工してみました。


はい、いきなりの完成図
KATO223系1000番台「新快速」



今回の加工ポイントは以下のような感じ。

 1)方向幕点灯化(将来223-2000とかと併結した時に見劣りしないように)
 2)方向幕別パーツ化による取り換え化対応(行先ってたまに変えたくなるから…)
 3)ヘッドライトLED小型化によるシースルー化


まぁ、これくらいならサクッとやれるだろ?ってなもんでやってみました。
分解してお手入れできるようにという毎回こだわるポイントも含んでいます。


いきなり加工済み車内。
KATO223系1000番台「新快速」


・元のライト基盤からヘッドライト部分を切除。
・ライトカバーのヘッドライトを逃がすための膨らみを切除しプラ板で埋める。
・ヘッドライト及び方向幕は新設のスプリングから給電。
・LEDは横から光るものを使用。
・ヘッドライトレンズはすこし短く切断してLEDが入る隙間を設ける。あとクリアイエローを内側に塗り塗り。
・運転席パーツの窓を開け直し、ついでに塗装。

あとはパチッと組み直して完成〜♪
とってもお手軽です。


で、こうなりましたとさ。
KATO223系1000番台「新快速」


肉眼で見るともうちょっと控えめに光っているのですが、さすがに写真で見ると光強いかもだなぁ。
カトーの純正方向幕パーツが乳白色なのでたすかっておりますが、0.3mm厚の白プラ板くらい裏あてしてもいいかもだなぁ。
ちなみに、側面方向幕も純正方向幕パーツに差し替えてあります。

てなわけで、223系1000番台加工記録でした。
2000番台とか欲しくなる。

画像

だいぶ大阪近辺の車両も充実してまいりました!

ほげほげ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
KATO223系1000番台「新快速」方向幕点灯化加工 出戻り鉄道模型趣味〜関東私鉄派/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる