出戻り鉄道模型趣味〜関東私鉄派

アクセスカウンタ

zoom RSS 東急線風レイアウト製作記〜第3回:カーブ区間を二子玉川辺りのイメージで

<<   作成日時 : 2016/12/20 23:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

年の瀬の小忙しい時期となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。のるレージのポイント欲しさに定期券購入をしていないサラリーマンたけぞうです。直行とか直帰とか多いし、気分でルート変えたいしね。しょうがないね。

さて、そんなわけで、先日までこちょこちょと武蔵小杉〜元住吉辺りをイメージした複々線区間をいじっておりました。4線が2段2線になってまた4線に戻るわけですから、もう一方もなんとかせにゃあなりません。


今回はこんな感じになりました。
東急線風レイアウト製作記 カーブ区間


大井町線新6000系がカーブ区間を走ると二子玉川周辺な感じがして我ながら満足です。


今回のカーブ区間、仮組み&試運転は終わっていて、本組みするだけなのでわりと気楽な作業でした。
画像


柱の向きや間隔、本物と比べてちょっとこれはおかしすぎるなというとこだけ修正。
ガルグレーとか、その辺の適当な灰色で塗っていきます。

レールはTOMIXのワイドPCレールです。
このまま壁つけちゃえば高架線になってくれるところが楽チン!


そして今回から採用したのが、このホッチキスの針を使った工作
画像


過去にも代官山ストラム工法モジュールの際に手すりとして使っていましたが、今回は高架押さえです。
安くて大量に手に入り、かつサイズが厳密なので使いやすい材料でした。
割りピンみたいにこれで壁を押さえ込むことで側壁パーツを買わずに高架化を実現しつつ、東急でよく使ってる白地に青線の入った高架にしたかったわけです。


こちら、駅とのつなぎ部分。
画像


中目黒みたいな高架下建築の余地を残しています。
高さ3cmなのでえらく低く見えますが実物換算4.5mでバスも通過OK!
てか既製品の高架が立体交差前提だから高いのよね。。。

画像



今年夏くらいから地味に続けてきたこの側壁作りもこれで終了予定。
エバグリのプラ板5枚くらい使ったけど、純正品よりは安くすみました。
画像


白い部分は製品そのまま、青はクレオスのインディーブルー


そして、単線高架にホッチキスを介して側壁を合体!いよいよそれらしくなってまいりました。
画像



設置開始!仮組み試運転状態からいよいよ第二工区(ほぼ)完成へ向けて!
画像



TOMIXワイドPCレールなんで複線間隔広すぎかと思っていましたが、側壁のおかげでかなり密集感が出せました。
画像



カーブがぐわーん!としててね、カントで斜めりながらキンキン軋み音出して電車が通ってくあの感じ、再現したかったポイントなのですよ。
画像



そして急カーブの先は先日拵えた武蔵小杉モジュールへつながります。
モジュール的な仕組みで組んでるけど違和感もなく。やたらと親の仇みたいに生やしてある架線柱が良い味だしてくれてます!
画像



気に入ったので最後にまた大井町線6000系。
東急線風レイアウト製作記


せり上がる中線の下に通路を作る余地を残しつつ、ここにも高さ制限の看板とか曲がり角にオレンジのカーブミラー付けたりしてすこし洒落込みたいところです。

高架側壁のせいでまたしてもというか相変わらず車両がほとんど見えない状態になりましたが、これでよいのだ!
。。。まだ中線の架線柱設置が残ってるけど


そして、次のセクション製作がはじまるのです。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
東急線風レイアウト製作記〜第3回:カーブ区間を二子玉川辺りのイメージで 出戻り鉄道模型趣味〜関東私鉄派/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる